読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Free Life

私の日常多めのに趣味の旅行やコスメなどを少々書いていく自由気ままなブログ

HomeLifeTripcosmeticSentimentAll

22歳大学4年生 私の今の心境

 

f:id:natsuchallenge:20161023213850j:plain

はじめに

こんにちは。今日は1日の大半ブログのデザインを行っていました・・・
大半でこれだけ?と思うかもしれませんが知識のないわ私としてはこれでいっぱいいっぱいでした。また少しずつデザインを変えていきますが大方のデザインは終わったかなと思います。
さて、本日はドイツ編はお休みし、自分の心境について書いていきます。 一番最初の記事で少しだけ書いたのですが、お金たまったら、仕事を辞めて将来はドイツで働きたいということしか考えていません。 なぜそうなったのかも後々書きますが、日本を出たいと思ったのは大学に入ってから。
ここでは、今の目標と就活状況、なぜドイツに永住したいのか書いていきます。

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

就活状況

私は2017年卒なので3月からの情報解禁の6月スタートの年でした。私には兄がいてちょうど就活氷河期に就活していた兄を見ていたので、早くから始めなきゃという気持ちはありました。
そして3月には1つ内定頂き(ここは過労死を出しているいわゆるブラック企業なので受かりやすい)、4月にも内定を何個かもらい順調でした。しかし、そこで働くことに不安を覚えたのと第一志望のがまだ始まらず、ずるずる受け続けました。そして、ようやく第一志望の企業から7月に内定取れ終わらせました。
しかし、そこはブラックと言われている会社で友達や社会人の先輩に「やめたほうが良い」と言われ続け、親には「第一志望だし有名企業だからそこに行け」と言われ軽く鬱のような症状になりました。
しかし、もうそこの企業以外断ってしまったのともう一度就活やる体力はないと思い第一志望のところに行くことにしました。
幸い私の働く会社は過労死は出していないですがもともと業界的に、私の働く予定の業界はブラック業界として有名です。
じゃぁなぜそこが第一志望なのかと聞かれると、すごく安易なのですが企業説明会の時にそこの企業だけすごくワクワクしたのを覚えています。ここで働きたい、私もああなりたい、人を喜ばせたいと思ったのです。(ちなみに私はサービス系の業種です)
ただ、今そこでアルバイトみたいなことをしているのですが、研修やアルバイトは大変で、今更ここの業界に足を踏み入れたことに後悔しています。しかし、ここで働かなければならないし、来年先輩たちのような社員さんになれるとは全く思いませんが、ただ、お金を貯めるためにここで働こうと思っています。
もともと、転職はする予定で就活していました。企業決まる前から転職のこと考えているというのも少しおかしいかもしれません。しかし、私はアルバイトも転々としてきたので、多分これからもこうなるのではないかなと思いました。
転職するためには一番最初の企業は大手のほうが有利だと先輩から聞きました。そのため、大手企業に行くという目標もありこの企業を選んだというのもあります。

今の目標

今の目標は、ドイツで永住できるために日本でお金を貯めて、ドイツに永住することです。
私の働く会社は海外にも支店があるのでドイツでももしかすると働けるチャンスはあります。もちろんそんなに都合いい話がくるとは思っていませんが、もし来たらそれでドイツに行ってドイツ語学んでから退職しようと思っています。どっちにしろやめるのですが笑 そもそも、なぜお金を貯めなければならないかというと、ドイツ語できずに英語もままならない私が、ドイツ企業にとっていただけるとは思っていません。そのため、お金を貯め、ワーキングホリデーでバイトしながらドイツ語の勉強し(お金があったら大学に入り直すというても・・・・)企業につき永住権を獲得したいです。

ドイツに移住するメリットは?

1.物価が安い


ヨーロッパは物価が高いイメージがありましたが、実際行ってみるとドイツは物価安い!ビールなんてスーパーで40円くらいで売っていました笑
外食でもディナーでアルコール飲んで1500円くらいと日本よりも安いのでは?レベルでした。

2.ヨーロッパの旅行がしやすい


LCCが発達しているヨーロッパでは安くヨーロッパの各国にいける。旅行好きの私にはたまりません。

3.街並みがきれい


まだドイツ編が書き終わってないので街並みのものがあんまり見えていないと思いますが、ドイツの街並みはどこに行っても可愛くてきれいな街並みです。伝統が守られている感じがありとても素敵です。
日本でも有名なのはノイシュヴァンシュタイン城ですが、ああいったきれいなお城もあるので見所が満載です。

4.労働条件が良い


ドイツの日曜日は、日本では考えられない光景が見られます。それは飲食店以外のお店はほとんどすべてしまっているということです。開いていたとしても15時までにはしまってしまいます。
ノイシュヴァンシュタイン城に行く時に泊まったホテルの近くの町でお店みようと思ったら、見るところが教会くらい・・・スーパーも閉まっています
日本だったらサービス業は稼ぎどきなので閉まっていたらここのお店は潰れてしまったのかなレベルでありえませんよね笑
これはドイツのデメリットでもありますが、働くとなるといい条件でもあるのではないでしょうか。
また、1日当たりの労働時間は、最長10時間まで延長することができるが、その場合にも6カ月間の1日当たりの平均労働時間は8時間を超えてはならない(ただし経営者と社員が特別の雇用協定を結ぶことは許されているほか、緊急事態の例外は認められている)。つまりドイツの企業では、1日当たり10時間を超える労働は、原則として禁止されているのです。
さらに、有給は30日あってほぼ100パーセント取得することができます。
もちろんデメリットもあります。サービス残業があったり、最低賃金が定められていなかったりというのでドイツの中ではブラック企業もあります。ただ、日本よりはましだとは思います。

これから行っていくこと

f:id:natsuchallenge:20161023211934p:plain英語をできるようにする

f:id:natsuchallenge:20161023211934p:plain英語の目安でTOIEC700点取る

f:id:natsuchallenge:20161023211934p:plainお金を貯める(値段は決まっているのですがここでは避けます)

f:id:natsuchallenge:20161023211934p:plainドイツ語も勉強する

 

TOIECでなくても良いのですができるようになる目標としてということで。
できれば12月にハワイに行くのでそれまでにはある程度できるようにして2月のセブ島には完璧に話せるようにしたいです!
まぁ二つともリゾート地で日本語あまり必要ないと言われていますが・・・笑
まだまだ目標は増えていくと思いますがまずはここからスタート!

 よかったら読者登録お願いします。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?