読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Free Life

私の日常多めのに趣味の旅行やコスメなどを少々書いていく自由気ままなブログ

HomeLifeTripcosmeticSentimentAll

ドイツに行ってみた感想~8日目~

旅行 旅行-ドイツ

 

f:id:natsuchallenge:20161105124102j:plain

はじめに

今回は、以前にも記事で書きましたが、途中で体調が悪くなりホテルに半日こもってしまったのでほとんど書くことがありません・・・・なので今回は短いですがよろしくお願いします。
某アイドルがナチスの軍服に似ているというので問題になっていましたが、今回の記事はナチスが酷いことを行ったことがわかる所に行ったお話です。少しでもこのブログでナチスについて知っていただきたいです。
今回はとても暗い話がメインなので苦手な方はここで終わりにしてください・・・

ドイツスケジュール

1日目成田→チューリッヒ→ベルリン
2日目ベルリン滞在
3日目ベルリン滞在
4日目ベルリン→ニュルンベルク
5日目ニュルンベルク→アウグスヴルク
6日目アウグスブルク→フッセン
7日目フッセン→ミュンヘン
8日目ミュンヘン滞在←NOW
9日目ミュンヘン滞在
10・11日目ミュンヘンチューリッヒ→成田

海外ツアー

ダッハウ強制収容所

f:id:natsuchallenge:20161105122209j:plain

豆知識f:id:natsuchallenge:20161022194350p:plainダッハウ強制収容所は、オラニエンブル強制収容所と並んで最も古い強制収容所です。ここは、ナチスにより多くのユダヤ人が収容され、虐殺されていきました。その収容所が今でも博物館のように資料を展示し中も見学できるようになっています。

ナチスがどのくらい酷いことをしていたかは、日本人でも知っていることでしょう。しかし、どのような所にどのようにユダヤ人を閉じ込めていたか、殺していたかは、わからない人もいるのでしょうか。
ダッハウ強制収容所に行くことで、いかに狭い部屋にいたのか、どのような人がどういった経緯で亡くなったのかがわかるようになっています。ただ、私は英語もドイツ語も読めないので、添乗員さんなどに解説していただきましたが・・・
一部屋を覗くと、一部屋3、4畳位あるので以外と大きいところだなと思っていました。しかし実際には、ここに二つの仕切りがあり3部屋に分かれていたという。つまり、一部屋1畳のところに入れられていたため、寝ることすら出来なかったということが書いてあり想像絶するものでした。

ナチスはいかに残虐な行為をしていたかがよくわかります。

アルバイトって使い方間違えてる?

f:id:natsuchallenge:20161105122309j:plain

この写真はダッハウ強制収容所で撮ったものです。
アルバイトとはもともとドイツ語です。そしてその意味は日本人が使っているような「副業」などの意味はありません。ドイツ語の意味だと「苦労して働く」と言う意味です。
なので、ドイツでアルバイトという言葉をみると、大変な労働を強いられていたと言うことだと思うと良いと聞きました。

よかったら読者登録お願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村